« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

日本沈没の原因・・・。

鬱である。


最近は生きてる事に意味を感じられなく

なって来た。


胃の調子も良く無い、物も食べたくない。


兎に角、酷い状態である。


役員は役員としての仕事が出来ず、部

に全ての責任を押し付ける。


仕事は経営者が作るもの、仕事を実行

するのは社員の役目、というのが会社

の在り方だろう。


しかし会社は、仕事を作る事から、仕事

を完遂する事まで社員に押し付ける。


社員は仕事がしたくて仕方無いが、先

ずその仕事まで自ら探さなくてはならな

い。


これが基本的な日本の社会構造の実

態なのだろう。


経営者は、誰でも、何処にでもあるよう

な有り触れた物を持って来ては社員に

対し、さも仕事を作って来たかのように

したり顔をする。


阿呆か・・・!!!


それは幼稚園児でもする事だろうが。


ずっと会社が発展しない事に責任を感

じて生きて来た。


一介の社員であるにも拘らず・・・!!!!


今も思いは一緒である。


でも本当に疲れた。


全てが自分の責任だろうか・・・???


本当に馬鹿らしい・・・!!!!

2011年11月29日 (火)

弟も命拾い・・・。

相変わらず酷くなるばかりの交通戦争。


最近は自転車や原付自転車のマナー

が特に悪くなっている。


我々の世代は、自転車がまだまだ高

価だった頃に育った世代である。


自転車一台盗まれたら大変な時代だ

った。


物も心も粗末になった時代、命までも

が粗末に扱われるようになった。


こ・れ・も・文化・・・???で終わらせて良

いものだろうか・・・???


我々の数世代後の時代迄は、自転車

教室などが盛んに行われていたと思う。


全ては教育の賜物である。


教育の荒廃は、国の荒廃をも招く・・・。


日本は、此処からが正念場である。


大阪の馬鹿親父に痛切な審判が下っ

た。


自転車を無茶乗り運転して、二人を死

亡させた。


我が弟も数年前、夕暮れ時のバイパ

ス道路で自転車が急に飛び出し、それ

を避ける為に車は横転逆さまに転がっ

た。


自転車は逃げたらしいが、幸い車の

破で済んだ。


本当に怖い話である。


2011年11月28日 (月)

やしき・辛坊・橋下・・・してやったり・・・。

これでもかと言う程に盛り上がった

大阪府知事、市長のダブル選挙。


まんまと彼らの意図(橋下・平松)に

皆乗せられましたねぇ・・・。


どう見ても、最初から平松氏には

ヤル気が見えなかったし、橋下氏

には或る意味での確信が見えまし

た。


そもそもが友人同士の彼ら、意図

的では無いにしろ、既に自分の力

ではどうにもならない大阪市政を

見限った平松氏と、元々成り行き

とおっちょこちょい気質で政界進出

をする事になってしまった橋下氏

の止まれない流れが今回の選挙

結果に繋がった。


何れにせよ、複雑怪奇、魑魅魍

魎が蠢く大阪の社会を改革出来

るかどうか、お手並み拝見である。


2011年11月25日 (金)

当てにならない科学者・・・・。

人間には、まだまだ多くの未知なる
宇宙がある。

今日、小松左京氏の特集をやってい
た。

阪神大震災の折、彼は或科学者に落
ちるはずの無い高速道路が落ちた原
因の解明を共同研究する事を持ち掛
けたそうである。

ところが、その科学者からの返事は
思いも依らないものだったらしい。

その返事とは、今回の地震は想像を
越えたものだったから我々には責任
は無いのだと・・・!!!

意味が分からん・・・とは思いませ
んか・・・???

結局この事が原因で小松氏は精神を
病む事となり次第に生きる力を失っ
て行ったらしい。

科学者の自惚れとは情けないもので
ある。

我々素人でも、科学とは永遠に答の
導き出せない事への探求であると知
っている。

人間は科学者が優秀な事は認めるが
彼が全知全能の神だなんて思ってい
ない。

奢り昂るにも程があると言うもので
ある。


2011年11月24日 (木)

坂本龍馬より凄い奴・・・。

何か本当の姿の見えない大阪の
市長、知事のダブル選挙である。

府民も、市民も誰が本当の事を
言い、何が本当の姿なのか解ら
ないまま選挙に臨む事になるの
ではないだろうか・・・???

そして恐らく誰が首長になろう
が、結局権益の奪い合いとなり
泣かされるのは自分達なのだと
府民も、市民も解っているのだ
ろう。

橋下氏の言い分は解らないでは
無いが、彼と同じ血液型の流れ
る人間として言える事は、余り
にも結果を早急に求めるために
回りにの人間から反発を招く事
になりかねないと言う事である。

対して平松氏は、あれ程市民に
期待されて当選したにも拘わら
ず思った程の成果を上げられ無
いどころか、自民党にまで迎合
する姿は最早市民の味方とは言
えないと言う事である。

何れにせよ、複雑怪奇に成り過
ぎてしまった大阪の社会生活を
大きくターンさせる事は強烈な
摩擦を生むだろう。

その摩擦に耐えて変化を促す事
の出来る人物とは、あの維新の
傑物坂本龍馬をも凌駕する人物
と言えるだろう。


暴走する国会・・・。

政治は国民に対する暴力団なの
だろうか・・・???

今ごろになって年金給付は物価
スライドにするとは・・・これ
如何に・・・???

なのに支払い年金は上昇一途を
辿っている。

自らの政治能力の無さを全て国
民に押し付けてきた政治手法を
今後永久に続けて行くつもりな
のか・・・????

年寄りが政治家として君臨する
以上未来の事を考えなくて済む
訳だから政治は常に後ろ向きに
なるのである。

若い世代はそんな年寄達に依存
して生きてきた。

本来なら自分達が彼らに取って
変わって政治の方向を変えなけ
ればならなかった。

無意識、無関心で来たことは責
任を逃れられる理由にはならず
まんまと年寄りの術中に嵌まっ
た事になり、これこそが天に唾
する結果をもたらす原因となる
のである。

異性が愛せなくて人が愛せるか・・・!!!!

本当に嘆かわしい時代、国になった
ものである。

今では、結婚を望む本人どころかそ
の親が相手探しに躍起となっている
のだそうである。

人間本来の本能である子孫繁栄を司
る生殖能力も衰えた日本人、度々言
われる国家と言うものの存在そのも
のを否定するに等しいではないか。

ずっと前から提言するように、こん
な日本の男でも、世界を見渡せば好
んでくれる女性はいるもので、もし
もその血が混じるなら日本人の身体
は強くなり世界と勝負も出来るだろ
う。

あの室伏選手でさえ、バイキングの
血が混じってこその金メダル、頭脳
と体力が相俟って世界最強の人間が
誕生するかもよ・・・!!!!!!!!

元々日本女性は世界に稀有な人気の
持ち主だから、放って置いても大丈
夫、後は本人次第だけだよね・・・。

若者よもっと異性に関心を持て。


格差社会の権化・・・。

大王製紙の事が話題になっている。

凄いとか、お陰様でとか、大企業
やオーナー会社の本当の問題を暴
露する話が全くない。

資材調達は超が付く程の安物買い
で泣かされた、泣かされている会
社がどれだけ多い事か・・・!!!

それは単にコスト意識が強いと言
うのではなく、ヤクザが脅しを掛
けて無理やり協力させるのと同じ
である。

あの会社が、あのオーナー家族が
あれだけの資産、財産を獲得出来
た裏にはどれだけ多くの人が泣い
てきたか、苦しんできたかを検証
する必要がある。

意高被告は当然ヤクザの帝王学を
押し付けられたのだから人間が阿
呆ならそういう風に育つだろう。

本当に賢い人間は常に自らを省み
て自らの行動を修正し正しく身を
処す術を心得る事が出来るもので
ある。

東大出の彼は単に最近流行りのゲ
ーマーのように優れたゲーム達者
だけだったのだろう。

本当の悪は、政治という漠然とし
たものではなく、巨人を産み出し
たり自らを卑下しながら彼らの行
いを許し続けて来た日本の社会体
質そのものに有ると思う。


2011年11月22日 (火)

百億円の雇用能力・・・。

大王製紙の井川元会長ばかりでなく

己が血の汗を流して得たお金では無

い財産を勝手に使い放題にする盆暗

共達は、この世に如何に多い事か。


彼奴らが溝(ドブ)に捨てるお金の使い

方をちょっと変えるだけで、この国は

どれだけ豊かな国に生まれ変わるだ

ろう・・・???


無い者の僻(ヒガ)みでは無く、本当に

この国を想う心が有るならば、捨てる

お金など一文足りと無い事に気付か

ぬのか・・・と叱りたいだけである。


東京スカイツリー遠望・・・。

今日は朝から取引先に工場見学を
所望されたので川口本社に行って
来ました。
(某ラッパのマークの薬品会社様)

今は帰途について新幹線の中です。

品川駅を出発したところです。

ちょっと前には東京タワーも見え
ていました。

本社から舎人ライナーの駅が近い
ので今日は見沼代の駅に送って貰
い舎人ライナーで日暮里まで出て
山手線を乗り継いで東京駅に出ま
した。

途中車中より東京スカイツリーの
全容を眺める事ができました。

ひときわ偉容を誇るスカイツリー
でしたが、思った程高層タワーの
感じはありませんでした。

きっと東京タワーと並べてみたら
その偉容がどれ程のものかはっき
りするのでしょうが・・・???

何せ300メートルも高いのですから・・・。

兎に角、今日は疲れましたので
もう寝ます。

2011年11月21日 (月)

ドラフトなんて意味が無い・・・。

東海大学の菅野投手がドラフト指名
を蹴って一年間の浪人生活に入るら
しい。

きっとあの読売新聞社から裏金を貰
いながら優雅な浪人生活を送る事だ
ろう。

そうであろうとなかろうと世の中は
そんな風にしか見てはくれない。

きっとそうである方が正解なんだろ
うが・・・・!!!

だってプロ野球機構は読売新聞社の
私物らしいのだから、何をやっても
許される訳だものね・・・・!!!

本来ならドラフト拒否はプロ野球入
団拒否に等しいとしなければドラフ
トの意味は失われてしまう。

ドラフト拒否は一生プロ野球に入れ
ない規定を設けるべきである。

其処にルールがある以上、ルールに
従うのが紳士たる所以である。

ルール潰しに躍起となる紳士を標榜
する何処かの権力濫用球団に果たし
て紳士を語る資格の有るや無しや・・・。

中居正弘様様様~・・・。

野村監督、梨田監督の控え目な
物言いに比べ中居の物言いは横
柄に聞こえる。

中居も偉く成ったもんだ・・・。

最近、調子乗り過ぎと違いまっ
か・・・????

偉い目にあいまっせ・・・!!!


三冠王監督は打てないチームを・・・。

お決まりのようにドラゴンズが
負けている。

星勘定は五分だが最初から勝て
るような気がしないのは・・・
何故・・・???

ドラゴンズには勢いが感じられ
ない。

確かにピッチャーは何を置いて
も一番大事は解る。

だが、だからと言ってバッター
が打てなくて良いという事はな
い。

いつの間にかドラゴンズから
スラッガーが消えてしまった。

寂しい限りである。



核爆発と同じだ・・・!!!!

福島原発3号機内の放射能レベルが
毎時1600㍉シーベルトを記録したらしい。

一体これはどう言う事・・・????

きっと格納機内で依然として核分裂
が起きているって事じゃないの・・。

下手したら震災後ずっと高濃度放射
能汚染が続いていたって事だよね。

次から次と農産物の放射能汚染が明
らかになるって言うのは、本当は全
く原発の状況が正確に伝えられてい
ないって事だよね。

本当に日本と言う国は地に落ちたも
のですね。

命を引き換えにする故郷・・・。

日本の過疎地と呼ばれる地域
また政府からの補助金無しで
は成り立たない地方自治体は
ただ生きるだけの事でも自ら
の命を担保に差し出さなくて
は存続もかなわないらしい。

日本人の殆どが大都市と言わ
れる日本の中心都市以外の出
身であるにも関わらず自らの
故郷を顧みる事が無くなった。

原子力発電所の建設地として
建設を受け入れたり、核廃棄
物質の廃棄場建設を受け入れ
たりする事が、日本人の故郷
の宿命となってしまった。

何処かでのうのうと生きてい
る日本人がいる、生きる事さ
え儘ならない日本人がいる。

今は日本人同士が見てみぬ振
りをする時代となった。

そんな日本でもブータン国王
は世界で最も重要な友人と言
ってくれた。

未来永劫に日本が変わらぬ尊
敬と親愛の心を持って慕われ
る国であって欲しいと思うば
かりである。


日本型共産主義・・・。

日本の文化の根底に流れるのは
全体主義を基盤に置いた原始共
産主義である。

世界でも稀有な共産主義を独裁
化せずに実現している国である。

明治維新の志士達に共通に流れ
る思想は尊皇攘夷と言う名の元
に共産主義体制を確立するもの
であった。

急激な西洋文化の流入によって
様々な紆余曲折を強いられ世界
を相手に戦争を仕掛けるなどと
言う暴挙にまで打って出てした
たかに辛酸を舐めさせられた日
本であったが、世界最強の国家
の庇護を受けて歪な民主主義の
押し付けを受け入れつつ日本独
自の共産主義を構築したのであ
る。

読売新聞社のトップや西武グル
ープのトップが最も血気盛んな
時期である東大在学中は過激な
共産党員であった事をどれだけ
の人が知っているだろう。

この時代は、これも強烈なアメ
リカナイズドされた人間によっ
て弱肉強食の資本主義とそれに
よる弱者切り捨て社会の実現の
推進が正当化されている。

今、たかじんのノーマネーでも
話題に上がっているTTP参加の
問題も先ずは日本がアメリカか
らの親離れ、自立が出来るかど
うかの問題だと言う事を自覚す
べきである。

イタリアでは・・・。

イタリアでは、とうとう世俗の人間が
政治を司る事に見切りをつけたようで
ある。

今度の政権には、所謂政治家と言われ
る政治を商売にする人間を参加させな
いそうである。

スーパーマリオと揶揄される首相もか
なり厳格で不正を許さないタイプの学
者であり鉄の意志を持った人物のよう
である。

これで日本で言うところの入道し徳を
積む事がプラスされれば鬼に金棒であ
る。

日本の政治も昨日のブータン国王の演
説を聞くにつけ日本人として顔から火
を吹きそうなほど恥ずかしいものであ
った。

今後は日本の政治家も入道ししっかり
徳を積んだ人間である事を条件とすべ
きである。

2011年11月15日 (火)

拡大する放射能汚染・・・。

やっぱり放射能汚染は真剣に考え

なくてはいけなかったのです。


原発が制御不能、爆発炎上、検証

も出来ない状況で、放射能の汚染

が自然に収まる筈が無い。


一向に日本政府いや国民はその

事に真剣に向き合おうとしない。


政府とは、国民の暫定政治集団

のようなものであり、その存在が

それ程頼りにならない事は、国民

の方が良く解っている事実である。


その国民がソッポを向いて、無能

な一部の人間に任せっ放しで責

任のみを追求する様は愚行としか

言いようが無い。


放っとけば、自らに危害が及ぶと

いう国難である。


国民自らが声を上げ、行動しなけ

れば、この国の行く末は無いだろ

う。

と言ってる今正に、放射能はこの

関西、西日本にまで降り注いて゛

いるのである。

2011年11月13日 (日)

古き良き仲間達・・・。

お早うございます。


先程ホテルから島根から出て来ていた

同級生5名が車で帰途に着きました。


それを見送って私の御役目は終了です。


大過なく過ごせた昨日正午からの同窓

会も無事終了する事が出来ました。


まあちょっと位は羽目を外す場面もあり

ましたが、概ねみんなお行儀良く行動

してくれました。


本当にみんなにお礼を言いたいです。


長く人付き合いから離れて、孤高とま

で行かないまでも極力他人と交わるの

を避けて来た数十年、他人に会う事

によって刺激を受けるのも大事な事な

のかも知れません。


昔は随分子供だと思って見ていた連

中が、全て私の頭の上を超えて行って

しまったような気がします。


本当に人間とは解らないものです。


渡邊天皇様~・・・。

読売巨人軍が面白い、と言うより
日本の体質がおかしくなっている。

そもそも今回の事は巨人軍だけの
問題では無く、日本のプロ野球機
構そのものが抱える問題が噴出し
たものである。

それが良いことに、あの星野仙一
を始めとする監督連中やプロ野球
に身を置くもの達のコメントがど
うみても一新聞社のトップに十分
過ぎる程に気を遣ったものであっ
た。

この反乱が子供のやんちゃの如き
ものだとしたら、読売新聞は無視
を決め込んだって良さそうのもの
である。

自分がさもこの国の元首であるか
のような立ち居振舞いが鼻につく
何の御仁は一体ご自分をヒトラー
の生まれ変わりとでも思っている
のだろうか・・・???

こんな事だから日本が一向に自信
を取り戻せないのである。


日登中学校卒業生・・・。

今日は島根県の或中学校の卒業生
による同窓会が大阪は吹田市江坂
で行われました。

これ迄、島根県の地元でしか開催
されて来ませんでしたが、この度
は発起人の頑張りもあって開催の
運びとなりました。

今はもうその中学校も廃校となり
町の中学校に合併されてしまいま
したが、今でも我々は日本に冠た
る日登の子であります。

今日の参加人数は田舎からの出席
が6名と関西在住の者が6名の合
わせて12名のこじんまりとしたも
のでしたが、最初にしては上々の
企画だったようです。

女性も頑張って5名も参加して頂
きました。

本当に同級生、同窓生、幼馴染み
とは良いものです。

これも日本の文化の素晴らしい所
だと思います。



2011年11月10日 (木)

搾取する者の論理・・・金が金を生む・・・。

本当はみんなお金がお金を生むの
ではない事を良く知っている。

この事を何の疑問も持たず、何の
異議をも唱えずに認めるという事
は自ら自らの権利を放棄するに等
しい行為である。

何でこんな簡単な事が理解出来な
いのかずっと理解出来なかった。

人はどんな素晴らしい発明や発見
をしようとも、その事だけで万人
の労働搾取を許可される要件には
ならないし、許される法律も無い。

どう考えてもひとりの人間が出来
る労働量など知れたものである。

凡人はどう頑張っても大金持ちに
成れない事を早く自覚すべきであ
る。

経済学者がノーベル賞を貰いたけ
れば、まず現代の金融システムの
虚構を顕にすることであろう。


2011年11月 9日 (水)

オリンパスと金融システム・・・。

我々50代には、オリンパスと言えば

ペンである。


その後何度もテレビで取り上げられ

たが、内視鏡を開発しようとした宇治

達郎東大教授が研究開発を様々な

企業に持込んだが受け入れて貰えな

かった。


同様にオリンパス(高千穂光学工業)

でも、上層部からは戦後の会社復興

優先が急務として厳しく撥ね付けられ

た。


しかし、社内の技術者の中には、興

味を抱く者があり、何とか開発の足

かりを得たのである。


精密光学機器で勇名を馳せるオリン

パスではあるが、実の所、医療分野

での貢献が大きい会社である。


会社というものは、人間と同じく大き

くなり過ぎる、繁栄し過ぎると高慢に

なって行くものである。


オリンパスも創設当時の思想を忘れ

ず健康に保っていれば今日のような

辱めは受けずに済んだであろう。


然しながら、人間社会というものは

こんな事の繰り返しである。


何時まで経っても信用に足る人間

社会など訪れる筈が無い。


にも拘らず人間は、何の担保も無

信用と言う人間社会に於いて最

頼りない幻想をシステムの基本

として経済活動を行っているのであ

る。


世界の金融システムが揺らぎ、誰

もその崩壊を押し留める事が出来

ないのは、誰一人としてその実態

を把握出来ていない巨大な虚構が

其処に存在するからである。


2011年11月 8日 (火)

島根県期待の新星・・・。

暁の超特急・吉岡隆徳以来の世界に

通用するスポーツ選手となれるか・・・。


あの松岡修造君に言わすと、グランド

スラムで優勝しても、既に驚くには値

しない程の実力を備えているという

錦織圭君である。


少ないながらもそこそこに生み出して

来た島根県出身のスポーツ選手、此

処暫く世界に通用する人物が現れて

いなかった。


ここらでひとつ辛抱して、あのロジャー

フェデラーの壁を越えて欲しいもので

ある。


2011年11月 7日 (月)

灯台下暗し・・・。

今日もまたひとつ学んだ。

韓国のエンターテイメントビジネスの
SMミュージックの社長から

日本が芸能面で世界に出ていかない訳
を知らされた。

日本国内に於けるミュージックシーン
の経済規模は約五千億円だそうである。

それに対して韓国の規模は百五十億円
程度だそうである。

江戸時代の鎖国日本のように日本は最
早海外に生活の糧を求めずとも成立す
る国であったのである。

戦後日本の復興に当たった人々の手に
よって今日の努力を怠る日本人が生成
されたのである。


日本が恥ずかしい・・・。

本当の日本の良さを殺した欧米文化
日本が全て良いとは思っていない事
は日本人が一番分かっている。

だから未だに日本の文化は変化し続
けている。

でも、しかし、変わってはならない
根底に流れる源流を失ってはならな
い。

今、その事を一番解っているのが、
日本を愛する外国人なのかも知れ
ない。

2011年11月 1日 (火)

平松式発電機に注目~・・・・。

平松敬司さん73歳、今、世界が注目

する発電機の発明者である。


既にご存知の方も多いと思う。


元大工さんだった平松氏が自転車の

ライトを点けるために発電機を稼働さ

せると重たくなるのを解消するために

考え出した夢の発電機、今や世界の

多くの国や企業から注目を集めてい

る。


最早これは国家的規模で考え、開発

を進める冪懸案である。


国会であ~う~言うてる暇があったら

この発明も含めて日本がこれから世

界のリーダーになって行くに相応しい

事に時間とお金を割くべきである。


日本の巷には、まだまだ沢山の宝が

眠っている事だろう。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ