« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

カウントダウン・・・!!!!

5月25日が退社の日と決まった以上

その日に向かって会社から具体的な

実務日程を指示ないし示唆してくれる

と思っていたのに、今日の今日迄何も

言って来ない。


計算上では、4月の第1週が終わると

有給消化に入らなくてはならないのだ

が、どうしたものやら・・・???


実務を全て人任せにして来た会社の

行く末とは、こんなものなのか・・・???


財務、経理も人任せにしていたお蔭

で、また無茶苦茶になっているとか。


本当に性根が入らんとはこういう事を

言うのだろう。


それにしても、私はどうしたら良いの

だろう・・・???

2012年3月23日 (金)

洗脳される日本人・・・。

日本人の恐らく80%以上の人が現在

の日本社会や経済を悲観していると

思う。


でも元気に生きている人々もいるのも

事実である。


単に大企業や親方日の丸におんぶに

抱っこという意味では無く、それなりに

考え、それなりに努力すれば悲観ばか

りしなくても充分生きて行けるだけの

下地はこの日本には整っていると思う

のだが、私の思い違いなのだろうか。


自宅警備員がよく質問に答えてこんな

事を言うのだそうである。


胃に穴が開くほど我慢して仕事して豊

になって、それにどれ程の意味がある

のかと・・・???


家族が豊かに暮らせて贅沢も出来て

子供達には優れた教育を施すことが

出来るのに、何故働こうとしないのか

と質問すると・・・。


イスラムの人間は、決まってこう言う

らしい・・・・メッカに行って祈りを捧げ

る事のみが人生最大のテーマである

と・・・!!!!!


人間生きる事の意味がそれ程のも

のだと知ってしまえば強いものであ

る。


仕事とは、大儲け出来ないとダメだ

と思わなければ、どうにかなるもの

である。


2012年3月22日 (木)

自宅警備員よ、立って歩け・・・!!!!

今朝の"おはパソ"で道上氏が言っていた。



最近の若い人々は、同世代の男の子を捕

まえて肉食系とか草食系とか言っていた。



しかし、今やそれも役目を終え、今では絶

食系とか断食系という男どもが増えている

らしい。



そして新たな造語として、自宅警備員など

と呼ばれる男子が増殖中との事である。



即ち、絶食系とは肉どころか草さえも食わ

ず色恋沙汰に全く興味を示さない(朴念仁

的意味)人の事を言う。



断食系とは、食にも色恋にも興味を示さず

女性(男性)無しで人生を完徹出来る人の

事を言うらしく、又の名をラマダン系と称す

るそうである。


自宅警備員とは、読んで字の如く、唯只

管、24時間自宅に居て、インターネットや

テレビなど家で出来る事をしながら外との

接触を断ち、やる気は無いでは無いが、

外に出て人と交わる事をしない人の事を

言うらしく、所謂ニートの事を指すそうで

ある。


最近本当にこの手の若者が増えている

みたいである。


核家族や近所付き合いの希薄化、地域

の結び付きも弱くなり、地域の自治も崩

壊寸前となって、子供達が外で遊べなく

なった事に大きな原因がある。


私も元々モラトリアムだった人間である。


ヤル気は有るが何をやるべきか・・・???

今でも答えは出ていない。


まだまだこれから先答えを探して歩か

ねばならない。


諦めたら終わり、答えを探し続け

る事が大事である。



2012年3月21日 (水)

5月の25日付で退社する事が決定

した。


変な日(実務派から言わせれば)なの

だが、(会社の給料の締日が15日な

ので、本当なら15日で区切るべきか

と思うが・・・???)会社がそうしてくれ

と言うのでそういう事になった。


そしてやっと引き継ぎを開始するよう

にとの指示も出た。


潰しかけた会社に居座る為に役員

さん達も大変だ・・・。


部下を切って尚居座ろうとする根性

は見上げたものである。


このブログももう暫くすると閉鎖しな

ければならないだろう。


もう暫くお付き合いの無駄を願いた

い。


その内に事の顛末を記したいと存

ずる。

リストラ・・・。

5月の25日付で退社する事が決定

した。


変な日(実務派から言わせれば)なの

だが、(会社の給料の締日が15日な

ので、本当なら15日で区切るべきか

と思うが・・・???)会社がそうしてくれ

と言うのでそういう事になった。


そしてやっと引き継ぎを開始するよう

にとの指示も出た。


潰しかけた会社に居座る為に役員

さん達も大変だ・・・。


部下を切って尚居座ろうとする根性

は見上げたものである。


このブログももう暫くすると閉鎖しな

ければならないだろう。


もう暫くお付き合いの無駄を願いた

い。


その内に事の顛末を記したいと存

ずる。

2012年3月19日 (月)

春が・・・来たぁぁぁ~っ 。

クリントイーストウッチーのブログ
会社近くの公園に咲く桜です。


時期的に陽光では早過ぎると思われる

ので、きっと緋寒桜と思われます。


春はもう直ぐ其処です。


日本人よ・・・元気を出そうぜ・・・!!!!

恥の文化は何処へ・・・。

暴露本とか暴露記事、其れ本来が

持つ意味とは・・・???


後ろ指を指される事をしていない者

には一切関係の無いものである。


それ自体を問題視する発言とは、

暗に不正は社会の必要悪と言って

いるようなものである。


全てのプロ野球球団が人材確保の

為にやって来た金塗れの争奪合戦

は世の中の常識、お互いの不利益

を考えた末に止めようとしたのでは

無いのか・・・???


プロ野球球団のスカウトからこの度

の暴露について一生懸命仕事して

いる自分達としては、アマチュア球

界との信頼関係が損なわれて今後

の仕事に支障が出るのは問題であ

る・・・との発言があったそうである。


金に塗れた信頼関係って一体何だ

ろう。


そんな構造自体、瓦解してしまえば

良いのではないだろうか・・・???


世の中、狂っているとしか言いよう

が無い・・・!!!!!


働くのは、これからだ・・・!!!!!

政府が企業に対して65歳迄の

雇用義務を押し付けようとして

いるらしい。


自らの能無し、無能を曝け出し

て、尚且つ中小の死の淵を彷

徨う企業に何をしようと言うの

だろう。


日本で企業と言えば、それは

即ち中小企業を意味する、親

方日の丸の如く政治権力と結

び付き、国民の血税を盗み食

いし公務員同様下級職に仕事

を丸投げして悠々たる殿様生

活をしているのが大企業であ

る。


一度は社会で働かれた経験

のある方なら解るだろうが、

日本の社会の仕組みは大な

る者、権力を握りし者が実務

を下級職に丸投げし、手柄ノ

ミを吸い上げ、失敗は実務担

当に押し付け、我が身の保

だけを考えて生きる世界であ

る。


企業単位で言えば、大企業は

中小企業に責任と負担のみを

押し付け、美味しい汁だけを

吸い尽くす構造となっている。


そんな社会構造に見切りをつ

け、自らの力で独立独歩の道

を探らなくては、将来の日本は

真っ暗である。


元気な中高年、寄って集って

新しい社会を創造しようでは

ありませんか・・・!!!!

純粋な頃・・・。

昨晩、TBSの"運命の人"を何となく観て

いた。


我が家人がどうしても観たいといって、

録画失敗したり忘れたりすると何時も

叱られていたやつである。


昨日が最終回で、そのラストに近い部

分で本木雅弘演じる沖縄返還について

日米両政府で交わされた密約を暴こうと

した新聞記者が語る回顧談と生き方を聞

いていて、ふとそう言えば、自分も思春期

に芽生えた人間としての使命感を感じ始

めた時に抱いた夢は新聞記者だったとい

う事を思い出した。


少年期に見たプロ野球選手への夢は既

断ち切られていた。


思春期を迎えた頃、何故だか勉学への意

欲、理解力が増進し、文章を以って欺瞞に

満ちた世の中の不条理を正さんと思い至

った事を思い出していた。


その思春期の頃にもアクシデントによって

挫折を味わい、元々怠け者の私はその事

に全ての責任をおっ被せて生きて来た。


お蔭で努力する事をずっと拒否して来た

私は、何も出来ない、何の力も無い唯の

老い耄れに成り下がってしまった。


今でも、彼の言っていたような世の中へ

の不条理を正したいという情熱は失って

はいないようだが、今の私には・・・。


人生は自ら切り開くものである。


2012年3月16日 (金)

高田、中畑、日本陸軍の司令官みたい・・・。

中畑監督と共にヤクルトの高田GMが

今回の暴露問題で憤っている。


一場問題の後はやっていない、全てを

不問にして二度とやらないと約束した

のだから・・・???


誰があの江川を生み、今回の騒動の

立役者となった渡邊天皇を信じるので

すか・・・???


みんな長い物に巻かれまくって来たか

らではないのですか・・・???


それを今更信じろなんて・・・ちゃんちゃ

らオカシイとは思わないのですか・・・。


もう本当に日本の社会は腐り切ってお

りまするぅぅぅぅぅぅ。


あのお二人の出身が読売巨人軍だと

いうのも笑えますよね・・・!!!!

読売巨人・渡邊天皇の破廉恥さ・・・!!!!

本日のデイリースポーツ、巨人軍が朝日

新聞に噛み付き謝罪を求めているらしい。


その訳は、ご周知の通りで、ドラフト会議

で指名された選手の契約金や年俸を抑

える(高騰させない)ために、契約金の上

限を1億5千万円、一年目の年俸にも上

限を設け、1千5百万円とする事が申・し

・合・わ・せ・された筈なのに、実際には

阿部捕手に10億円、野間口投手に7億

円、高橋由伸に6.5億円、上原投手、二

岡選手に各々5億円、内海投手に2.5億

円が支払われたと暴かれた為である。


読売王国に言わせると、それはあくまで

も申し合わせ事項であってルールでは無

ったらしいのである。


現役の監督にインタヴューした所、概ね

殆どの監督が何でこの時期にと不快感

を示しているそうである。


一般プロ野球ファンの皆様は、これって

ルールなんかでは無いと思っていました

か・・・???


野球気違いやサッカー気違いのプロに

近い所に居場所のある人間ならいざ知

らず、日本中の誠実なプロ野球ファンは

ざまぁ~みろどころか、折角力があるの

に勿体ない・・・位の同情を寄せていた

のではあるまいか・・・???


この申し合わせを単なる寝言だなんて

プロ野球ファンは思っていなかった筈で

ある。


この時期、開幕前に何故と言うよりも


再度襟を正さねばと反省するのが本

当ではないのか・・・!!!


過去の事を何故今更と言うのであれ

ば、人殺しに時効を認めないのも可笑

しな話しである。


過去こそが現実なのである。


未来に起こる事を予想して人を罰する

事も反省させる事も出来ないのである。


読売巨人軍他、これに連座する球団

は全て潔く頭を垂れる冪である。

2012年3月15日 (木)

極悪ジャイアンツ・・・。

何でも暴かれる時代になって、みんな

知って知らぬ振りをしていた読売巨人

軍の傍若無人な振る舞いが次々と青

天の下に晒され始めている。


渡邊恒雄オーナーもやっとの事、その

専横振りが白日の下に照らされて、さ

ぞかし喜んでおられる事だろう。


然しながら、それが球界の常識だった

としても、払う方も払う方なら、貰う方

も貰う方である。


今になって解った所で処罰も受けない

だろうが、選りによってあのジャイアン

ツの模範たるべき主力選手ばかりで

ある。


事は違うが、人身御供にされた現ヤク

ルトスワローズの一場投手は一体何だ

たのだろうか・・・???


日本の社会の一番悪い所、遣り得、

遣り逃げは絶対許してはならない

犯罪行為である。


2012年3月14日 (水)

"意地悪"解雇の顛末・・・。

退職届、退職願は本来、時分に退職の

意思が無ければ書かなくて良いとされ

ております。


然しながら、日本では凡その会社が儀

礼的に会社の立場を有利にする為に

退職する社員に何らかの書付を求めま

す。


従業員は書かなくても良い事を知りな

がら日本独特の揉め事を避けたい、円

満に事を終わらせたい為に必要の無い

退職願、退職届を出してしまいます。


日本の文化にそぐわない労働基準法

は絶対に改正すべきです。


従業員全てに理があるとは言いませ

が、特に日本の市民、庶民が和を

以って尊しと為す国民である事を考え

る時、何でもかんでも訴訟してお金に

してしまおうとするアメリカ流儀の文

化に迎合するのは如何なものかと思

います。


円満退社に会社都合があって良い

ではありませんか・・・。


それが会社に及ぼす影響なんて殆

ど無いのですから・・・!!!


会社にも堂々としていて欲しいもの

です。

2012年3月13日 (火)

人、要りませんか・・・???

真面目な話、少々疲れて来ました。

会社からは何も言って来ません。

火ぶたを切ったのは自分達なのに・・・???

後は私が辞める時期を設定してくれれば済むのですが・・・???

其処で、何方か私を雇ってくれませんか・・・???

結構いい仕事すると思うのですが・・・。

但し、年齢は間もなく5月で57歳になりますし、出来れば

関西限定でお願いしたいのですが・・・。

包装資材の営業歴11年、中央市場での経理事務歴10年

建設資材の営業歴3年、喫茶店経営3年、経営には向きま

せんが、何卒よろしくお願い致します。

2012年3月12日 (月)

命の尊厳まで欧米化・・・??? 日本。

アフガンでは、米兵による民間人

への銃乱射、メキシコでは50年も

前に虐殺されたと思しき100を超

える遺体の発見、日本では親子、

夫婦喧嘩の末の殺傷事件と人間

の命の尊厳が危ぶまれる事態が

続いている。


世界の多くの国が欧米的思考形

態を持ち個人主義の立場により、

先ず自らの命を優先して考える。


全ての人間がそうでないにせよ、

日本程に身を挺して他人を救う

考え方は薄いと思われる。


その日本の文化も大戦後アメリ

カナイズされてしまい罪を犯すよ

り自らが生きる事の方が優先さ

れて来ている。


東北の震災復興が進まぬのも、

政治日本人全体の精神がアメ

リカ化してしまい、他人より先ず

自分の風潮が進んだ結果では

ないだろうか・・・???


日本は今、現時点でも非常事

態である事に違いは無い。


政府は非常事態宣言を発令し

ておきながら何一つとして国民

に非常事態の意味を解らせよ

うとしない。


非常事態宣言とは、日本人全

体が痛みを共有し、互いに助け

合う事の強制命令である。


本当に政治の分かった政治家

が居ない日本ではある。

渡り鳥が来ない訳・・・。

今日は午前中ウスイエンドウの手入れ
をして過ごした。

其処で又勉強させて貰った。

将来的には土をいじる暮らしをしたい
と思っているのだが、田舎の子のくせ
して農業にはとんと縁の無い生活を送
って来たものだから土いじりの基本が
全く出来ていない。

そこで今日もひとつ勉強させられた。

今、私の管理するウスイエンドウは回
りのどのウスイの苗よりも勢い良く育
っている。

ちょっとした自慢でもあったのだが、
同じ土地で作業するおじさんがこんな
事を言い出したのである。

今年は鳥が来ない(渡り鳥)からこんな
に作物が育っているけれど、何時もの
年なら殆どの作物が春になる前に食い
尽くされてしまうのだとか・・・!!!

冬は食べる物が無いので春に向かって
育つ野菜の新芽は彼らの絶好の餌にな
るそうである。

ところが今年は渡り鳥が全くと言って
良いほど飛来していないそうである。

ある意味とても不気味な事である。

この事を分かっている人が一体どれだ
けいるのだろう。

今年は去年以上に気を付け無ければな
らないのかも知れない。

皆さんも充分お気を付けあれ。


2012年3月 9日 (金)

ダラダラ歩き反対の社会不適合者・・・。

私は人と一緒に歩くのが嫌いだ。

何故なら、ぐちゃぐちゃ喋くりながら、他人の

迷惑考えず邪魔するのが嫌だからである。


外人を見ていても、喋くりするのは日本人以

上だが、歩く速さは相当なものがある。

それもあるのか、今回のリストラは・・・???


あれを見習え・・・!!!!


確かにせっかち、イラチの要素は大きい。


だがしかし、歩くか歩かないかはっきりしろ。


中途半端は大嫌いだ・・・!!!


2012年3月 8日 (木)

明日は山場・・・。

明日は配転に応ずるかどうか返事をする日です。

取り敢えず、配転は勘弁してもらいたい。

かと言って辞めるとも言えない。

どうしたものですかねぇ~・・・・。

柔らかダルビッシュ・・・・。

伊達にメジャーリーグ張ってるだけあって

そうは簡単に抑えさせてくれませんでした

ね・・・!!!!


って、ダルビッシュ有君の事。


恐らく日本では、バッタバッタと三振の山

を築いてくれる事を想定していた人も多い

筈でしたでしょう・・・???


二回に打たれた二塁打なんて本来なら

ホームランでしょう。


確かに凄い所も見せましたが、まだまだ

最終調整、メジャーへのアジャストへは

時間が掛かりそうです。


でも今年の楽しみは確実にこの男と川

崎で決まりかな・・・???

2012年3月 7日 (水)

退職金・・・すごいなぁ~。

貧乏サラリーマンのいう事ですから

聞き流して下さい。


民間企業従業員50人以上の会社

の退職金は平均2,500万で、公務員

の平均2,900万とは400万の差があ

ると報道されていましたが、本当に

平均2,500万もあるのですか・・・???


羨ましい限りですね・・・!!!


私なんか、良く勤めて10年が限界

ですから、そもそもがそんな退職金

にはありつけそうにも無いのです

が・・・???


確かに35年~40年一つの会社で

奉公してそれ位の退職金では少な

い気もしないではありませんが・・・。


数年で何千万、何億円と血税を盗

んで行く天下り役人が居る事を考

えても、まだまだ行政改革の手は

自らに緩いとしか言いようが無い

ですね・・・!!!!


坂本龍馬・・・。

坂本龍馬は何故自らの命を危険に

晒してまで社会の構造変化を願った

のだろう・・・???


それは、偏に士農工商の身分制度

の中で士でも農でもない中途半端な

郷士という報われない身分が影響

していると思われる。


もし真の農民であったなら、武士と

いう身分に憧れもしなかっただろう

し、庶民には理解不明なプライドを

持つ必要も無かっただろう。


勿論、剣術を学ぶ必要も無かった

だろう。


その中途半端が故の身分であり

富農だった事が、彼をして教育為

さしめ日本を揺るがす人物にして

行ったと思われる。


彼がこの世に再び生まれ変わっ

て現れるなら、ひとつ是非聞いて

みたい事がある。


貴方は一体、何の為に、誰の為

に命を削って生きようとしたのか

と・・・???

太陽の恵み・・・。

人間社会では、やっと原子力、核融合

反応の恐ろしさに気が付き、その歩み

に待ったを掛ける動きが強まっている。


人間の考える事とは、所詮その程度で

ある。


太陽に比べれば、原子力エネルギー

出さえ微々たるものである。


何せこの太陽が無い事には息とし生

るものが一切生存出来ないのであ

る。


そのエネルギーたるや凡そ人間の考

え得る範疇を遥に超えている。


太陽光を電気エネルギーに変換する

努力が続けられているが、私が思う

には、もっとずっと効率的に太陽の恵

み、エネルギーを変換出来る方法が

あるように思えてならない。


エネルギーの根幹をもっと突き詰め

て考えれば、効率的な人間社会の

創造が出来るのではあるまいか・・・???



2012年3月 5日 (月)

会社から転勤の打診が・・・???

配置転換の拒否と退職勧奨について

お尋ねします。

先日本社(埼玉)より呼び出しがあり、

大阪支店在籍の私は出張しました。

常務より大阪支店営業から本社生産

部に配転の打診がありました。

これを断るには・・・???

2001年12月現会社が民事再生のため

社員の大部分が退社した事を受け

2002年2月に入社。

以来大阪支店営業部で従来の得意先

確保と新規取引先を開拓、今日に至る。

最近の不況で他の中小企業と同様売

上げの減少と利益の減少から今年5月

の総会では現役員の総退陣が既定路

線となっている。

現在57歳の私とって今更やった事の無

い工場業務はそもそも無理な話である。

労働契約も交わさず、会社規定、社則も

説明の無いまま今日に至った。

次期役員にとっては目障りの存在かも知

れぬが、この遣り方はどうだろうかと思う。

去年の6月に10年振りに新入社員を大

阪支店に入れた折り分かった事だが、大

阪支店の売上2千万~3千万の殆どの得

意先が私の担当であった。

大阪支店は支店長と2人だったのが3人

になったが、支店長は今年7月の誕生日

で退職の予定である。

退職届を出すつもりは無いが、どうするべ

きか教えて貰いたい。

2012年3月 3日 (土)

とうとう私にも・・・肩叩き。

今日は突然本社からのお呼びだしで
久々に東京の弟の所に来ています。

本社での話は事実上の戦力外通告で
大阪支店の営業から本社生産部に転
勤して欲しいとの事でした。

と言うのも、本来会社の方針と言う
事なら、わざわざ個人を呼びつけて
説明をする事も無く辞令を発すれば
良いことであり、正当な会社の規程
に則った行為であれば下手に出る必
要も有りません。

そこに会社の無理が見え隠れしてい
ます。

突然呼び出して、一週間で答えを出
せと迫る。

転勤は規程路線だから其についての
要望が有れば言ってくれと言う。

大阪支店の売上の大部分の得意先が
私の担当先で有るにも拘わらずであ
る。

会社の体質が古くなって去年から執
行役員を置いた。

彼らからすればこの会社の垢の付い
た社員は要らないのも分からぬでは
ないが此処が難しい所である。

はてさて徹底抗戦するべきか否か判
断の分かれる所である。

覚悟を決める時が来たようだ・・・!!!

2012年3月 1日 (木)

尾野真千子・・・小篠綾子・・・。

前にもお話ししたNHK朝の連続テレビ

小説 " カーネーション "に久々に嵌っ

てしまった私ですが、たった今、来週

の初っ端から尾野真千子さんから夏

木マリさんに主役が変わるという情報

を知ってしまいました。


知ったのは、尾野さんが高橋一生と

いう俳優と同棲を始めたといゴシップ

記事から・・・。


元々主役は、老年期に入った所で交

代という事になっていたらしい。


ところが、このドラマ、此処まで視聴

率を上げたのは、偏に彼女尾野さん

の演技による所が大きいのは、誰も

が認める所だろう。


そのヒロインが交代するというのは、

視聴者には納得がいかないのでは

・・・と疑問符が付く。


毎週土曜日朝9時半からBS103で録

画までして観る程嵌った私にとっても

非常に残念な話である。


今では、最初何だ・・・と思っていた

主題歌椎名りんごさんの歌も耳に付

いて離れないようになった。


やっぱりドラマの質は役者で決まる

事をつくづく実感した半年であった。

軟弱日本男児・・・。

ちょっと海外から注目される選手が
出たらいい気なる日本らしい試合で
した。

ウズベキスタンは技術、体力とも完
璧に日本を上回っていましたね。

全く手も足もでない惨めな試合でし
た。

お前ら世界を"なめるなや"と言って
やりたい。

これからなでしこの試合です。

男子のようななめた試合だけはしな
いで欲しいものです。

男子はなでしこの爪の垢でも飲んで
来い。

いい加減にせいよ・・・!!!!


撫子達は常に前を向いていた。


草食系、雑食系のオノコ達は常に

後ろ向きで戦っていた。


戦術の無い試合、日本こそが引い

て守って戦う試合では無かったの

か・・・???


実に不細工な試合だった。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ