旅行・地域

2010年5月14日 (金)

サターンの椅子 / 神戸北野山手八番館

先日の15日の"世界仰天ニュース"で結婚というか、


男性に縁の無いアラサー女性に朗報として、願の叶


う穴場(パワースポット)やグッズが紹介されていまし


たね。


その中に、神戸は北野坂にある異人館のひとつで


山手八番館には、サターンの椅子(正式名サトゥル


ヌスの椅子)という2つの椅子(男性用と女性用)があ


って、その椅子に座って願い事をすると叶うとか・・・。


正に其処に行ってロケを敢行していました(神戸住ま


いが長かった私には直ぐに解りました)が、受付の


お嬢さんまでそのまま使っていたようですね。


たまたま一緒に観ていたカミさんと顔を見合わせて


"またぁ~"と同じ言葉を発していました。


テレビで何か紹介した日には、必ず人だかりが出来


て暫くは誰もが"お~うじょうしまっせぇ~"状態にな


ってしまう事請け合い、でもその熱が冷めるとあっと


言う間に見向きもされなくなる。


案の定、サイト検索してみると行ってみたいから、詳


しい情報教えてなど、サターンの椅子、山手八番館


に関する事で一杯である。


異人館街は、きっと暫く近寄れなくなるのでしょうね。


アラサーの行きそびれの女性の皆さん、高望みも


程々にして暖かい家族の温もりを感じてみませんか


狭いながらも、貧しいながらも、楽しい我家~も良い


ものですよ~・・・。



2010年3月26日 (金)

天文館商店街の混乱・・・。

地域やシャッター通り商店街の活性化の一環として


鹿児島の一番の繁華街、天文館商店街が好況に沸


く中国の富裕層をショッピングツアーとして取り込もう


と計画し、その第一弾のツアーの様子を朝のニュ


スで特集していた。


上海発着の豪華客船で日本の寄港地は鹿児島のみ


で、上陸した1,500人程の中国人観光客はバス30


台に分乗して市内観光とショッピングに向かった。


人数を分散させるために、3班に分けて観光と商店街


でのショッピングを計画したのだが、許可された移動


エリアを越境する者、信号無視して只管動き回る者、


挙句の果てには、迷子、行方不明になる者とてんや


わんやの事態に陥ったらしいのである。


実際の様子を映したビデオを観ながら大声を上げて


笑ってしまった。


別に馬鹿にして笑ったのではなく、何処でも人間の


る事は同じなんだなあと言うのと、対策したと思


た推進室の人々の考えの甘さというか、想像を超


える中国の人達のパワーや突拍子も無い行動が、微


笑ましい感じがして、思わず大笑いしてしまった。


昔、高度経済成長期の日本人が海外旅行に出掛け


て行った時も、きっと外国人からはそういう(成金趣味)

風に見られていたんだろう。


どういう訳か、私の世代では成金趣味を満喫する時


期を持つ事は出来なかったのだが・・・。


然しながら、何にしても臆病な日本人に比べると、中


国、韓国、その他の国々の人々の傍若無人な振る舞


いには驚かされるばかりである。


日本人も自国の安心安全な文化の社会に安住する事


無く、冒険心を養わなければ、他国に伍して行けなくな


るのではと心配する今日この頃である。


2010年3月23日 (火)

九州出張2日間、お休みします・・・。

明日より九州に2日間行って参ります。


三養基方面、吉野ヶ里方面の皆様よろしくお願い


致します。


定宿、博多グリーンホテルも改装やら何やらで大


く成長しているようです。


朝食付き5,500円は有難いです。


一度ゆっくり九州巡りなどしてみたいものです。


考えたら、一度も観光では訪れた事無いのです


よね・・・。


そう出来る日を楽しみに頑張ります。


2010年3月21日 (日)

黄色い大阪・・・。

流石に強い寒冷前線だったと見えて、昨日今日の


暴風雨は近年でもかなり強烈な部類だっんだろう。


大阪は、その低気圧によって出来た前線が巻き上


げて来た黄砂で日食かと思うくらい薄暗く、視界が


悪くなっています。


昔の人は、中国から飛んで来た砂の粒だなんて思


いもよらず、これも春霞の一つだったんでしょうね。


所謂、春の嵐とでも言うのでしょうか・・・。


関東から北方面の皆様、本当に今日はご注意なさ


って下さい。


2010年3月19日 (金)

斐伊川の桜トンネル・・・。

つい昨日正月を迎えたと思っていたら、あっと言う間の

新年度である。


今日は少し冷たい風が吹いていますが、菜の花は咲


き乱れ、其処此処の桜木のつぼみも既に咲きほころん


でいるものがあります。


待ちに待ったお花見シーズンの到来なのでしょうが、


私は昔から浮かれた行事が嫌いです。


特にお酒が絡んだ催事が嫌いなので、お花見シーズ


ンは近くに寄りたくありません。


遠くから眺めるか、人のいない所で密やかに咲く桜を


眺めるのが好きです。


それでも我が故郷の島根県雲南市木次町には全国に


知られた斐伊川の堤防の桜土手があり、昔からお花見


の名所として知られております。


好き嫌いは別として、全長2Kmに及ぶ桜トンネルは、


一興の価値があると思います。



2010年3月 3日 (水)

クールジャパン・・・。

昨日のクールジャパンは、" 日本の田舎 "がテーマで


あった。


都会で体験出来る田舎として、東京ドームで開催され


る全国のお祭りや産物を集めた催物やデパートでの


物産展などを紹介し、更には田舎暮らしのセミナーに


ついてスポットを当てていた。


そして次には、死ぬまでに行ってみたい世界の名所


1,000に選ばれた妻籠を取り上げ、最後には最近若者


の間で支持を得ているというボラバイトの実際を取材


していた。


色々紹介する中で気付いた事は、日本人が意外に気


付いているようで気付いていない事、日本の田舎程都


会の生活と質の違わない生活をしている国は無いのか


なという事だった。


外国に行った経験が殆ど無い私には、外国の事情が


解っているわけではないが、色んな情報番組を観るに


つけそう思われてならないが、実際に外国暮らしの長


い人にその辺の事を伺ってみたいものである。


2010年3月 2日 (火)

88年振りの快挙ですぅぅぅ・・・。

待ちに待った幕内関取が誕生致しました。


って何の事だか解らない方が殆どだとは思います。


実は拙者の生まれ故郷島根県出身の相撲取で幕


内にまで昇進した力士は戦後居なかったのです。


88年前と言いますから、大正11年1月場所に幕内


に同時昇進した若常陸、太刀ノ海という力士が島根


県出身最後の幕内力士となっていました。


所謂関取(十両)にまではなるのですが、幕内との間


が壁になっていました。


因みに、戦後の大相撲では5人の関取が生まれまし


たが、全て十両で終っていました。


あっ、失礼、まだ名前も紹介しておりませんでした。


彼の四股名は、出身地の隠岐の島に因んで" 隠岐


の海 "と命名されております。


彼が島根県出身の戦後6人目の関取で初の幕内


力士となったわけであります。


当然の事ながら、隠岐の島出身の初めての幕内力


士でもあります。


島根県は旧国名出雲、石見、隠岐の三国が一緒に


なって島根県となりました。


従って、それぞれの地域に住んでいる人にとっては


島根県出身と言ってもピンと来ない人達もおります


が、島根県人には変わりありませんからぁぁ~・・・。


私がこれ程興奮するのは、元々一番好きなスポーツ


が野球だと思って生きて来たのですが、本当は、相


撲だったと言う事に最近気付いたからであります。


小学生の頃は、学校が終ると日が暮れる迄、砂場


で同級生と千番以上も相撲を取っていた事を思い


出します。


650勝435敗などと言いながら遊んでいたのが蘇っ


て来そうです。


元々出雲の国は、相撲発祥の地であり、大和国に


国譲りした時の力比べとして相撲が描かれていま


す。


江戸時代の相撲では、雲州力士無くして相撲が成


り立たぬと言われた程の相撲王国でした。


何にしても、舞の海、デーモン小暮閣下などからは


白鵬そっくりの体形(190cm、150キロ)で将来有望


と言われております。


皆様、ご声援よろしくお願い致します。


2010年2月23日 (火)

石井ピン、島根、鳥取に喧嘩売る・・・。

兵庫県選出の元自由民主党、現民主党の石井一


衆議院議員が鳥取県の参議院議員川上義博氏


パーティの席で島根、鳥取は日本のチベットのよう


な所で、山やら牛ばかりで人が居るのかどうか、な


どと両県を侮蔑した言い方で表現したそうである。


この表現自体に切れる程、両県民は阿呆ではない


のだが、日本の歴史や文化を熟知し、増して政治


の世界に棲息する人間の発言とは思えないのであ


る。


島根(出雲)、鳥取(伯耆)と言えば、古代日本の中心


地であった場所である。


大和民族に屈服し、王座を明け渡した現代社会に


於いては、日本の僻地などと蔑まれてはいるが、出


雲の神々無くしては、この国は何も始まらないので


ある。


政界に於いても、総理大臣こそ2人(若槻礼次郎、竹


下登)しか輩出してはいないが、政権の中核を握る


政治家を多数輩出している。


良いか悪いかは別問題として、石井氏が侮辱される


ような僻地の県から、何故このように日本の中枢を担


う人間が輩出されているかをよくよく考えて頂きたい


ものである。


今でこそ、老人が人口の多くを占める過疎地である


事には違いないが、この地を後にした地元出身者達


が、この地を盛り立てて来たからこそ、過疎県となって


も生き長らえて来たのである。


しかし、今やこの両県も自立して行かなければ消えて


無くなる程に難しい状況に置かれている。


石井ピンさん、風見鶏のように政権政党にくっ付いて


生き長らえるのは、果たして政治家として胸張って物


が言えるのかどうかよ~く考えて頂きたい。


2010年1月27日 (水)

九州出張です。

明日より九州に出張致します。


鳥栖、久留米方面の皆様よろしくお願い致します。


九州には、もう数え切れない位お邪魔致しており


ますが、遊び心のない私には単に仕事をする場所


でしかありません。


今回久留米では、ご接待をしなくてはなりません。


何処か良いお店をご存知の方がありましたら、ご


推薦よろしくお願い致します。


待つ合せは、西鉄久留米駅周辺(これも何処か適


当な所があれば・・・)です。


お酒の飲めない私には些か大変な仕事ではありま


すが、ちゃんとお勤めを果たして参りたいと思います。


では、よろしくお願い致します。

2010年1月19日 (火)

出張します。

明日、明後日と東海地区に出張致します。


風邪が酷くなる(気管支が弱いので)と身体から


体力が奪われ、ふらふらなのですが、無理やり


行って参ります。


22日の晩はご接待をせねばならぬのですが、果


たして・・・。


さらば・・・でございます。


より以前の記事一覧

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ