趣味

2009年10月19日 (月)

"ボツ"ダム宣言の是非・・・。

何処かで聞き覚えのある言葉である。


日本が太平洋戦争の敗戦、降伏を受け入れた


のがポツダム宣言の受諾であった。


お陰で日本は再生の道を歩む可能性を得、見


事に復活したのである。


私の父親は、高校を出ると、時は就職難真っ只


中の時代(昭和25~6年頃)で当時は全く人気


の無かった建設省の地方局に入省したらしい。


我々の教わった教師が言っていたように、大学


を出ても就職の無かった人達が教師になった時


代である。


今は昔、隔世の感がある。


その父親が、私の生まれ故郷の田舎町にダム


建設のため常駐しており、其処で私の愚母と出


会って、今の私があるのだが、良くぞこんな田舎


の一人娘の所に婿入りの決心をしたと、我が父


親ながら感心する次第である。


まあ、その後たった3年で別れなければならなか


った事は、神のみぞ知る所ではあるけれど・・・。


その父も、10年後位に再婚し、ダム建設の現場


を転々として退職前に退職して大手ゼネコンに


天下り、今は悠々自適の暮らしをしているらしい。


話が逸れたが、昔ダムを建設するのは果たして


是であったのか・・・。


今、私が遠き故郷を思い返す時、幼き頃に遊んだ


川は、今では誰も寄り付かない川となり、鮎や山女


は全く棲息出来ず、ウグイの遡上で流れが盛り上


がった当時の姿は最早再現不可能な状況である。


おまけに、元々天井川だった当地最大の川は、積


もり続ける砂に悩まされ続けている。


流量は減り続け、江戸、明治の頃は、舟が行き交


い、地方都市への物資輸送の要だった姿など、想


像も付かない程の変貌振りである。


火力発電の無い時代、原子力発電の無い時代、


農業が第一次産業であった時代には、水利として


のダム建設もある程度は必要であったかも知れな


い。


然しながら、人々の生活から川が置き去りにされ


忘れ去られた結果、各地の川はどんどん川の姿


を変え、人間の暮らしから完全に離れて行ってし


まった。


その川は、逆に現代の人々にとってお荷物のよ


うになっているのではないだろうか・・・。


そんな川に人間は一層追い討ちを掛けるが如く


とことんダメージを与え、二度と再び元の姿を取


り戻せない死の川にしようとしている。


地域の人々の想いもあるだろうが、私の経験か


ら言わせて貰えば、父親達が造り続けて来たダ


が果たした役割と弊害を考える時、今では何


の役にも立たない、却って邪魔な存在になって


しまったその巨大構造物の功罪は、どちらが大


きかったのか大きな疑問符の付く所である。


出来るなら、吉野川では無く四万十川の姿で後


に伝わる河川行政を施して欲しいものである。


2009年7月14日 (火)

誕生日には深紅のバラを・・・。

今日は、姪の確か24回目(間違ってたらごめんm(_ _ )m)


の誕生日であります。


これまで、遠く離れて暮らしているので、会った時は何か


してやれる事もあったのですが、特段誕生日に何かする


事はありませんでした。


ここ数年、沢山の人にプレゼントしてきた割には、我が身


内には、何もしていない事に気付き、今年から、何ぞ始め


ようと発起して、先ずは誕生日の花などを贈ってみました。


誕生日の今日は、彼氏とデートかも知れませんが、取り敢


えず家に送っておきました。


私は、花と言えば、深紅のバラの花束しか眼中にありませ


んので、どう言われる事やら・・・。


一年に少なくとも4~5回は、花束贈っているのだから、花


屋もいい加減憶えて頂戴やぁ~・・・。

2009年6月19日 (金)

吉本超合金・・・。

最近、吉本の漫才コンビ、フジワラの2人を頻繁に

見掛けるようになって来た。

正直言って、彼らの何が受けるのか理解に苦しむ

のだが、陣内同様、長い事やってたもん勝ちかと

思ってしまう。

私が、生まれて初めてテレビのロケというものを体

験したのは、もう10年以上前に、ちょっと間放送さ

れた掲題の番組である。

何もわけの分からぬまま駆り出されて、なんばの

"美園"というレストランの駐車場で先に言ったフジ

ワラと二丁拳銃の2人と絡むシーンに出演したのが

初めてである。

体操のおじさんなどという設定で、何か良く分からな

いけれども、台本も何もない中、とことんアドリブで

繋ぐ、ド素人には、理解不能のロケであった。

前から好きではなかった、藤本くんに対しては、ロケ

の流れの中で、こう言い放ったものである。

"今度は、そこの生意気な奴と勝負じゃ"と言った途

端藤本くんは、"何で、生意気やってわかるねん"と

鳩が豆鉄砲を食らったように唖然としていたのを憶

えている。

最後には、二丁拳銃の小堀のお母ちゃんが出てき

て何時も通り、何がなんだか分からない調子で終わ

るという本当に今思い出しても気色悪い番組であった。

ベース吉本に審査員で通った頃も、フジワラと陣内に

は、とことん辛口で通したものだから、途中でお呼びが

掛からなくなってしまった。

あの頃の連中が今では全国ネットで活躍しているけれ

ども、未だに彼らの活躍のわけが分からない今日この

頃である。

2009年5月 8日 (金)

出会いは、感謝から・・・。

正直言って物心付いた頃より恋愛などという

言葉そのものが嫌いだった。

だから今でも恋愛などと言うものは、暇とお金

を持て余した人間の考える事だと思っている。

第一に女性などという生き物に四六時中心掻

き乱されて生きるなど、到底身が持たないし、

そんな煩わしさに耐えられるように男の心は

出来ていないのである。

とは言うものの、最近の若い人々は恋愛ベタ

人との出会いのきっかけが作るのが下手だ

と聞いている。

何でそんな事になったのだろう・・・。

この私でさえ、付き合いのきっかけくらいわけ

なく作れるというのに・・・。

きっと生活が良くなったせいで、人に感謝する

気持ちが失せたせいなんではないだろうか・・・。

"恋愛指南"

日々生活していれば、何処かの場面で必ず人

には出会うというものである。

通りすがりは別として(その中にもない事はない

が)、自分の生活の中で行きつけの店とか場所

は、ひとつやふたつ誰にでもあろうというもので

ある。

そして、其処には必ず出会いが待っているはず

である。

人間は、互いにDNAを持っており、その型が違え

ば違うほど引き合う性質を有しているので、単に

理由もなく引き合うわけではありません。

だから何となく引き合う感じはお互いが感じるは

ずなんですね・・・。

全く一方的にと言うのではなく、話しも応対も自然

な感じで出来る人ならば、まず、その人に感謝の

心を持ち、その感謝の気持ちを伝える事を考え

て下さい。

その方法は、千差万別ですが、その方の誕生日

など情報を得る努力をし、最初は洒落で済むよう

なことから始めて、段々と近付いて下さい。

脈が無い時は、一端完璧に引く事も肝要です。

そうやって互いの気持ちが通じるようになるまで

時間を掛けて焦らずに日々の生活に2人の時間

が溶け込んで行くようになればしめたものです。

後は、お二人で好きにして下さい。

感謝の心こそ平和の礎になれり・・・であります。

2008年3月24日 (月)

DNA調べてみれば、同じ種・・・色は違えど、言葉違えど

最近、DNAの研究が進み、人類についての解明がなされている。

アフリカで誕生した人類の祖先が、幾つかのルートに別れて、それぞれの環境に順応しながら進化し、それぞれの文化を育み、更に、その生活圏を広げていったらしいという事実は、最早、疑いようの無い定説となってきているようである。

つまりは、元を辿れば、人類の祖先は皆同じであり、姿形や文化が違えど、人間は同じ血統を持つ同一種族である事には違いないのである。

"天に唾する"とは、その同一血統の人類が犯した間違いを、反省する事無く、住む場所や文化が違うだけの理由で、一方的に自らの責任を相手に転嫁した所で、結局己と同じ者に対して責任逃れしているに過ぎないのである。

要は、人間は同じ種から発生している以上、人間以上、以下ではないのであるから、同じ間違いを犯し、同じようにしか生きて行けない動物であると言う事である。

民族だの人種だのと言ったって、所詮は地球上に発生した、血統を同一になす、生き物である事に何の違いも無いのである。

人間以外の動物が、命を賭けて闘争するのは、強い種を守り、種族を存続するためであり、其処に自らの力を誇張するかのような武器は要らないのであり、むしろ、自分の力以外の力を借りる事は意味の無い行為なのである。

人間の生活に、貨幣経済などというややこしいものが無かったなら、ここまでして、人殺しの武器を進化させて、兄弟同士で争う事など無かったのではと思う今日この頃である。

宗教対立とか民族対立とか勝手な理由をつけて、争いを煽る報道がやたら目に付くけれども、経済抜きで他国と戦争を始める動機など何処にあるのだろうか・・・???

日本にしたって、経済抜きで、他国に対して侵略戦争を仕掛けた事など一度も無いではないか・・・!!!

一部の利権を握る権力者どもの煽動によって駆り立てられた、頑迷な大衆、一般市民にならぬよう普段から権力者監視を怠らない事が肝心である。

2008年1月28日 (月)

踏んだり蹴ったり・・・!!!

早くも一月が終わろうとしている。

今年こそ、多少気合の入った1年を送ろうとしていたのに、またまた邪魔が入ってしまった。

年明けの記事でも既に書いたが、年初早々、する事も無く、会社に出勤すれば、尿管結石でいきなり、帰宅する事無くそのまんま5日間の入院を余儀なくされ、そろそろ石も排出されたかと思った18日には、ヘルペス(帯状疱疹)を発症して、未だにその痛みに苛まれている。

おまけに、19日の土曜日には、迷惑駐車の阿呆のお陰で車を電柱で擦るし、何もかにも散々な正月となってしまった。

これをボヤカズニいらりょうか・・・!!!???

同様に、今月災難に見舞われた、限りなく不運な目に遭われた皆々様には、ご同情申し上げます。

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ