メイドインジャパン

2009年6月17日 (水)

初仕事は、マルサみたい・・・。

私が、この会社に来て(入社して)早10年の月日が流れ

ようとしている。

この会社に来た理由は、この会社が10年前に放漫経営

により民事再生の申請を提出し、事実上の倒産に陥った

時、大阪支店の社員が殆ど会社を離れ、たまたま支店長

だった私の母のいとこに乞われた為である。

乗り気のしなかった私ではあったが、前職も円満退社と

いう形ではあったが、会社に嫌気が差して辞めていた私

であったので、取り合えず入社して様子を見る事にしたの

である。

これまで、殆ど齧(かじ)った事の無い仕事であったため、

最初の一ヶ月は、全く戦力にならず、会社に残った帳簿

や資料を眺める事に終始していた。

この会社のおかしな所は、経理担当の管理者も監査役

もいない出先で出納係に等しい経理の女性一人に経理

処理をやらせていた事である。

如何に会社の経理というものを甘くみていたか、倒産の

経緯が如何に杜撰であったかが伺い知れるものであった。

入社した当初は、派遣の営業事務と経理事務の女性2人

に前職の女性事務員さんが引き継ぎを行っていた。

前職では、出納係に毛の生えたような経理事務を執って

いたので、自然と営業、経理事務両面を見るようになった。

ある日の事であった、前職の事務員さんの引継ぎが終わ

り、出納帳を付けていた派遣事務員さんから、此処の所

修正ペンで訂正してあるのですが、訂正すると合わなく

なるんですけれど・・・という訴えが私の所に回って来たの

である。

様々な資料や帳簿を眺めながら、かなりの胡散臭さを感

じていた私は、すは、来たかという感じで、先ず出納帳の

帳尻について遡って調べるように指示した。

すると、遡るにつれて帳尻が何処まで行っても合わない

のである。

最初は、合わない少額の金銭を合わせ間違えたか、小さ

なごまかしがあった位に考えていたのだが、こうなると、売

掛帳などの会計帳簿から通帳までを引っ繰り返して、貸借

対照を調査しなければならなくなったのである。

経理のプロではないので、貸し方、借り方の帳簿と悪戦苦

闘しながら少しづつごまかしの手口が見えて来たのだが、

何せ自信のない経理方なので、本当に自分のしている事が

正しいのかどうか疑心暗鬼の状態で、最終的に5年を遡って

やっと事の始まりを突き止める事が出来たのである。

私のざっとの調査で、この間に約2、200万円ものお金が

何処かに消えていたのである。

その後、半年経って、派遣の事務員さんに変わって、会計

事務所で鍛えられた事務員さんがパートで来たのだが、私

が、この件について相談し、協力を求めると、かなりご立腹

で、最初何をそんなに怒っているのかが解らなかったのだ

が、プロだからこそ、そんな事がある分けないと思い込んで

いたためだったらしい。

その後、徹底的に調査した所、額は些か増えて2400万円

である事が判明した。

結局、経理の事務員さんの仕業であったのだが、会社では

誰もが責任が自分に及ぶのを恐れて刑事事件にもせず、

徹底した責任追及も成されず、数年間僅かづつ返済させた

所で、決着を付けたらしい。

調査に協力してくれた、事務員さんは、そんな会社の遣り方

に怒り心頭で、その後長らくこの件がどうなったかについて

私に正されたのであるが、私達当事者には、一切何の説明

も無いままに闇に葬り去られたのである。

これが、言わば日本的会社の遣り方で、我々は犯罪者を作

れと言っているのではないが、いい加減な処理によって、そ

の種の犯罪が後を絶たない大きな原因となっている事を憂

えるものである。

こんな仕事をしても、会社は有り難くどころか、逆に迷惑にさ

え感じているような無反応を示している事が、この会社の将

来の危さを感じる所以である。

2009年4月 5日 (日)

正々堂々・・・。

多くのインターネット利用者の方は、出来る限り自分の

ネット利用が正道に反しないよう心掛けてご利用なさっ

ている事でしょうし、また、ご自分がネット利用する事で

自分が権利や人権の侵害を受けない事を望んでおられ

る事だと、ご推察致します。

然しながら、世の中には、自分だけが良ければ良い、と

言った類の隠れ不満発散者のような方が沢山おいでに

なります。

ご自分の意見や想いも明かさないまま、他人の言辞を

かたにとって一方的な子供の悪態のような駄々を捏ね

てご自分のフラストレーションを発散しているかのような

行為は、野卑た下劣なマスターベーションにしか映りま

せん。

人間は、彼のレオナルド・ダヴィンチでさえ完全(何を以

って完全なのか永遠の課題)な人間とは言えず、彼も又

その不完全さ故、後世に様々な謎を残して、此の世を去

ったのです。

シェークスピアが、その戯曲で表現している通り、人間と

は罪深く、悩み多き故に哀れむべき生き物であります。

だからこそ、自分の再確認、肯定、後悔、懺悔などなど

を公に公開する事で、我が身を追いすがる何物かから

開放すべく懊悩する胸の内を吐露し続けるのではない

でしょうか・・・。

此の世に確かなる物など何物もない事を理解しつつ、そ

れでも何かに縋り付きたい想いなどが宗教に結び付いた

り、人心を惑わす悪徳商法に結び付いたりするのだと思

います。

多くの人々は、この事が何も解決しない事を解りつつ、そ

れでもその中に少しでも想いを共有出来る何かを見出し

合って、互いの悩みを昇華しているのだと思います。

それ故、ブログなどを使って自らの想いを、顔の見えない

多くの誰かに吐露する行為を弱い人間のする事と一刀両

断する方々もおりますが、元々人間は弱い動物であり、人

生に於いて挫折を味わった時、多くの人間は、立ち直る事

も出来ず、最悪の場合、死を選択する事もあるのです。

子供の悪態のような駄々を捏ねている時は、まだ、可愛げ

もあるでしょうが、それがエスカレートして、むやみやたらに

様々な人々を傷つけて回るような事は、犯罪の域を出ませ

ん。

私は、何時でも、相手の顔を見て話したいと思っております

から、一方的に文章にしたものを通信情報に乗せるという

のは、甚だ不本意なれど、人々が、年経る毎に話をしなく

なって行く日本に於いて、少しでも世の中の人々が、何を

どう考えているのかを知る手段として利用させて頂いており

ます。

ですから、私は、何時でも直接面と向かってお話をさせて

頂く事に吝かではありません。

その人間を知らず、また、自分の論拠も無しに、闇に紛れ

て愉快犯のような仕業を楽しむ方々、どうか、正々堂々、

古に存在したサムライのように、表に出て来て、ご自分の

正論とやらを語られん事を切に望むものであります。

言っておきますが、普段は至って温厚ながら、事あれば、

官憲の手を借りず物事の処理に当る主義ですので、悪し

からず、ご了承下さい。

2006年7月 5日 (水)

カットテープの使い方

あけましてこんにちは、皆さん本日より仲間に加わりましたクリントイーストウッチ-てす。

不束者ですが今後共よろしくお願い申し上げます。

手前生国と発しまするところ雲州です、雲州は出雲、古より日本の神集うところにござんす。

神の国の如く、大国主の尊が虐待せし兄弟神を追い詰め撃退したと言い伝う、木次町で産湯を使い、子供の頃から山野を巡り、山羊のお乳ですくすく育ち、末は博士か大臣か、皆の期待を裏切って、今じゃぐうたらやくざなサラリーマン、以後お見知り置きの上よろしくお引き回しの程よろしくおたのもうします。

さて、話しは変わりますか゛、皆さんは段ボールに開封用のカットテープと言うものがついているのをご存知でしょうか。

特に飲料関係(ペットボトルの飲料や缶ビールなど)の段ボールには、必ずと言って良いほど、このカットテープが付いています。

現在カットテープの殆どを㈱キングパッケージという会社が生産しております。

もともと、キングパッケージは学校給食で牛乳が瓶入りだった方々には良くご存知の冠帽用(瓶の頭を覆う)ポリエチレンフィルムを一手に製造していた会社です。

また、森永ミルクキャラメルやグリコの一粒300mのキャラメルなどのフィルムに付いてる赤いカットテープはこの会社の製品です。

かの有名な都こんぶのフィルムについている白いテープもそうです。

最近はありとあらゆる商品の段ボールの箱にこのカットテープが付いているので一度段ボールにカットテープがついているかどうか捜して見て下さい。

因みに、コピー用紙の箱には殆ど付いていて、これを使うと、コピー用紙の頭が引き出しのようになって出て来るので便利です。

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ